ヒゲとメガネ

2015.6.3

#017 これから1人で独立する方必見!女性デザイナーのオフィス拝見!


もう6月ですね!みなさまは進化していますか?夢を追いかけていますか?人生はあっという間ですよ!
と、先日読んだ本に「うるせー!」と突っ込んでいる写真家イシイです。

さて、今回は岡山や東京などで活躍しているエディトリアルデザイナー&イラストレーターのタケシマレイコさんの職場に遊びに行って来ました!

タケシマさんは1人でデザインやイラストレーターの仕事をしています。
そんなタケシマさんの仕事が生まれる発想や仕事っぷりを見てみましょう。

 

P5230144

オリエント美術館の横にタケシマさんの事務所があります。
ここまで来たのですが、どのビルかわからず電話しました。。

 

P5230060

ビルの3階に看板発見!手書きでかわいいイラスト。
ここで間違いないね。

 

P5230058

「おじゃましまーす!」

 

P5230078

この方がタケシマレイコさんです。
「今日はよろしくお願いします!」

さっそく事務所をチェック!

 

P5230069

中は広い!
この部屋はもともと大家さんの部屋だったそうです。
広いリビングにタケシマさんのデスクがあります。
「奥の部屋は何に使うのですか?」

 

P5230075

この部屋の左がタイポグラフィーやイラストなど手書きの作業をする机。
右の奥ははさみやカッターなどでコラージュを制作する机だそうです。
そして、白いワゴンはあの天才デザイナー、ジョーコロンボの「ボビーワゴン」ですね!
僕も使っています!

 

P5230082

いろいろな道具がありますね。

 

P5230010

手前の机では筆や色えんぴつなどでイラストを描いたりするそうです。

「なんか見せてください!」

 

P5230043

墨で書いたタイトルロゴです。
おお!よく見ると独特なかすれやにじみがすごい!
この手法は企業秘密だそうです。。

 

P5230087

こっちの机では色々な素材をコラージュする作業台です。
「コラージュする時に、素材のどんな所を見るのですか?」

 

P5230095

素材の色や線だったり、印刷している紙の柄を見ているそうです。

が、もう感性としか言いようがないですね。。

「他にもお仕事見せてもらえますか?」

 

P5230126

普段はエディトリアルデザインが中心で、写真のように本1冊まるごとデザインすることもあるそうです。

表紙のイラストもタケシマさんの仕事です。

 

P5230128

中面のイラストはさっきの墨で描いたやつだ!

 

P5230135

すごく細かいイラストも沢山描かれています。

 

P5230137

これは倉敷発のアパレルブランド「ロルカ」の新ブランド「waltz for rolca」のロゴです。アートディレクターはこのブログ第一回目のクオデザインスタイルの田中さんですね!

アパレルブランド ワルツフォーロルカ waltz for rolca

「ちなみに、タケシマさんがデザインの参考にしているものって何ですか?」

 

P5230100

これはすごく古い海外のお菓子のおまけでついてくるシールだそうです。
細かいイラストのタッチや色がとっても参考になります。

これは僕も欲しい!

昔集めていたビックリマンシールと同じような中毒性があるね。

 

P5230113

タケシマさんがもっとも大事にしている本がこちら。

Alexey Brodovitch

「どこらへんがいいのですか?」

 

P5230117

「この本を見ると、なんか背筋がピンってのびるんです」

「ん?どういうこと?」

「なんかちゃんとしなきゃって思うんです。」

「この時代のデザインは本当に妥協してなくて、命がかかってる感じがするんです。」

なるほど、確かにこの時代のデザイナーや写真家は、今でも伝説になるくらいですからね。話を聞いて僕も背筋がのびました。。

こういった本からインスピレーションを感じてタケシマレイコさんのデザインが生まれるのですね。

ヤバい。いつもの展開にいきにくくなったぞ!

こうなったら!

「ちなみに僕を見て何かインスピレーションが湧いて来ますか?」

 

P5230013

 

P5230020

 

P5230027

 

P5230054

「ありがとうございます!」

そんなタケシマレイコさんのホームページはこちら!

 

www.reikotakeshima.com

 

まとめ

デザイナーで独立するためには、色々な物を見たり触ったりも大事ですが、

自分の人生に無言でカツを入れてくれるデザインに出会うって素敵ですね。

僕も、写真を始めたきっかけとなった写真を見ると、背筋がのびます。