ヒゲとメガネ

2017.5.12

【ベンチャー企業への道】#001 やりたいことを仕事にする!


みなさまこんにちは!写真家イシイコウジです。

いきなりですが、みなさんは「やりたいこと」やっていますか?

例えば、プラモとか料理とかミニ四駆とか。。

 

「やりたいこと」をやっている時って楽しいですよね。

しかもそれが、仕事ならもっと楽しいですよね!

 

ちなみに僕の場合は・・・そう!

「ベンチャー企業を作る!」

はぁ?なぜ、いきなりベンチャー企業なんだ!?

 

その答えは

昨年、クラウドファンディングにて「世界初の掃除機用水洗いクリーナーヘッド」を作るプロジェクトがあり、パトロンになって注文しました。

それが、最近出来上がって届いたんです!

使ってみると、感動的な掃除機でした!なんせ、ラーメンとか床にこぼしても綺麗に取れるんですよ。

 

で、実は昨年からベンチャー企業とはなんぞや?

という興味で色々な人に会ったり、勉強したりしてみた。

すると、ベンチャー企業は「世の中をもっと良くするためにサービスや製品を作っている」ことが判明。

そこで確信したんです!

 

「これはぁ!面白い!僕も写真で世の中をもっと良くしたい!」

 

と、思いたって昨年ベンチャーの話を聞きに福岡県に行った次第です。

福岡県の博多駅。ここである人と待ち合わせました。

 

なんで、福岡県??

実は、福岡県は別名「アジアのシリコンバレー」と呼ばれ、たくさんのベンチャー企業があります。

その中で、僕が気になったベンチャーで、カメラマン向けアップローダーサービスの「フォトギャザーアップ」を作った人が博多にいるからです。

フォトギャザーアップとは、無料で使えるカメラマン専用の画像をアップできるサービスです。

残念ながら現在はサービスを中止されていますが、

カメラマンにとってすごく便利なサービスを作られていたので、ぜひお話を聞きたかったんです。

 

はい!この方が、フォトギャザーアップを作った毛利さんです!

 

なんと、28歳の若さでITベンチャーの代表などを務め、現在は

動画制作のベンチャー企業のCMOをされています。

そんな毛利さんにベンチャーについて聞いてみた。

 

イシイ「毛利さんはカメラマンではないということですが、なぜカメラマン向けのサービスを作ったのですか?」

毛利さん「仲間にカメラ好きがいて、カメラマン向けのソリューションを作りたいと思ったからです。」

イシイ「なるほど!作りたいと思ったから作っちゃたんですね!!」

 

イシイ「なんでITベンチャーをやろうと思ったんですか?」

毛利さん「僕が大学生だった時、3.11の震災があって、その時僕は東京のビルの30階にいました。

すごい揺れで世の中終わったと思いました。

その後、街中がパニックで状況がわからない時、ツイッターで情報を知ることができました。

それ以来、ツイッターに感動して「僕も世の中にためになるものを作りたい!」と思ったんです。

それがITベンチャーを始めたきっかけです。

イシイ「なるほど!やはり世の中のためになることが大事ですね!!」

 

そんな毛利さんに、これからやりたいことを聞いてみた。

 

毛利さん「動画の可能性を追求していきたいです。動画って情報量が多いので、すごく可能性があります。

そして、地方における仕事を作る仕組みを作って、新しい働き方を作っていきたいですね。」

 

毛利さんの笑顔は、世の中を良くしたいという夢がいっぱい詰まった笑顔でした!

お忙しいところありがとうございました!

 

よし!僕も写真で世の中のためになることをやろう!と誓った瞬間でした。

 

そんな、毛利さんのお仕事はこちら!

 

http://movie-factory.info